スタッフ紹介

木の香株式会社前川建築

「見えない部分」をお任せください

家族を地震から守り、健康に暮らし自然との調和で心豊かに暮らせることが住まいに求められる当たり前の要望ではないでしょうか。
デザインや間取り、設備機器といったものは建てた後からリフォームや、将来やり替え、入れ替えが出来るものとして、私はそうした部分を「目に見える部分」と考えます。
一方、家族が健康に暮らせる為の性能や低燃費に暮らす為の性能、そして家の長寿命や高い耐震性能は「目に見えない部分」であり、本来家が持たなければならない絶対に必要な性能であると考えます。これをおろそかにすると、シックハウスや結露から発生するカビ、家の構造のムレや腐れなどの早期の劣化や、夏熱く冬寒い、他の家より光熱費が高い・・・など後からはやり直しがきかず、後悔してしまうことにつながります。現代の家づくりは高気密化による室内汚染(揮発性化学物質)が引き起こす喘息、アトピーなど様々な問題を24時間計画換気により、居室の空気を入れ替えることで解決したとされています。その反面、コストをかけて冷暖房した空調は換気によって廃棄されるエネルギーロスという問題や、またビニールの多様化で木造構造は壁の中が蒸れや腐れなどが原因でカビやシロアリの被害も多くみられ、木構造の早期劣化に拍車をかけています。それらを解決せずに新築当時は高耐震だと言ってもいつ来るかわからない数年後の地震には耐えられないといった様々な問題を抱えているように思います。
木の香株式会社前川建築ではこうした多くの課題をクリアし積み上げてきた高い性能は「通気断熱WB工法」や「プレウォール構造」の技術に裏付けされ、今まで多くのお客様にご支持いただいております。
「目には見えない部分」はまずご安心いただき、お客様の思い描くその家でどんな暮らしがしたいか、ぜひお聞かせください。楽しく家づくりを進めてまいりましょう。

専務取締役
茶木 均

心地よさの追求

hori

建築の専門家としてお客様の立場にたってご要望を基に、常に最善の環境づくりと家族の暮らしを考えていきたいと考えています。
私の設計は、まずお客様との対話から始まります。文字通りの提案住宅。お客様の数多くの要望をまず「整理」し、平面図上で組んでは崩す作業の中から立体へと形を変え、お客様にとっての「心地のいい空間」へと作り上げていきます。心地のいい空間とは、なにも室内空間だけにとどまりません。目に見える癒しとして、外観も、その敷地も、庭も、心地のいい空間づくりにとって重要な要素となります。
女性・主婦・子育てから経験したことを取り入れて、快適にそして片付く空間をご提案します。

設計部リーダー
堀 里圭

家づくりをもっと楽しく

kawagishi

お客様との打合せ時に必要なプレゼンテーション資料などをつくっています。
設計図面だけではわかりづらいことやイメージしにくいことなどをもっとわかりやすいようにパースや模型などで具体的な形にすることにより、お客様に完成後の豊かな暮らしをイメージしていただけるお手伝いをさせていただきます。

2017年に始まった広報部としては、Web全般の管理とイベントを担当しています。
ひとりでも多くのお客様に前川建築の良さを知っていただけるように、どんどん情報発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

お客様が家づくりに費やすお時間がより楽しく充実したものになりますよう心がけています。

設計部・広報部
河岸 素子

最近感じること!

hirono

建築の仕事を長くやって来て、設計者の意図を感じ取ることがとても大切で楽しいと思えるようになってきたことです。そして完成した住宅を家族の皆様がどのような使い方をされるか想像してみることです。
私が主に担当している仕事は、お客様との打合せで できた設計図を更に細かく分析して、実施設計(詳細図とか施工図)を担当しています。どう作ったらバランス良く スッキリ仕上げることができるかとか、綺麗に繊細に感じてもらえるのかと今までの経験と勘をフルに使って作図をしています。
加えるのではなく、余計なものを省いていくと言った方が解ってもらえるかもしれません。 もちろん設計図をもとに施工管理もします、設計者の意図を感じながら完成させる仕事、完成物件を見学しながら設計者の心を感じることがとても楽しみで好きです。

私の日々は、皆様に上質な空間をお届けできるよう感覚を磨くこと。
そして建築に対する直感は、素材の選択 色使い 光と影が造る空間です。
好きなことは、ステレオのアンプの組立、自分の腕時計の分解メンテナンスとか細かい事がとても好きで耐えられます。それと、時々の登山です。

工務部課長
廣野 克彦

お客様の期待を形に

matsui

人と物造りが好きでこの建築業界に入ったのは、19歳の時でした。
自分の手がけた建築物が地図に載り未来に残る、そんな仕事に誇りを持って日々精進しています。住宅というのは、単に建築物というわけではなく、住まいされる方の夢や希望がたくさん詰め込まれた建物なので、1棟1棟丁寧に対応し、健康・省エネ・高耐久、もちろん仕上りにもこだわりぬいたご家族様満足の住宅を造るため、きめ細かな現場の管理に勤めていきます。
「前川建築を選んで良かった。」とおっしゃって頂ける事が1番の喜びです。

工務部係長
松居 剛志

施主様あっての大工

doi

大工になるキッカケは、高校3年生の時に観たNHK連続ドラマ小説「天うらら」です。
主人公の大工は女性ですが、体を痛め、家に中で看病してもらうことで家の中の危険に気付き、自分の造りたい家の形が浮かんでくる。 そのことを親方に伝えるが「日本の家の特徴を全部殺すことになる!」と反対され首になり・・・と言ったストーリーでした。
日ごろ、特に感じていることは、施主様あっての大工だということ。
どんな良い技術をもっていても、施主様に喜んで頂けなければ意味がありません。 職人の技術を施主様に満足頂けるものとして、これからも新しいことに挑戦していきたいです。
また、機械に頼らない、昔ながらの手加工の仕事で、大工としての技をもっと生かしていきたいと思っています。
常に施主様に感動してもらえる考え方、行動、技術で頑張ります。

棟梁大工リーダー 一級技能士
土井 道宏

丁寧に、なおかつ迅速に

maehata

現場では、施主様と顔を合わせる機会が必ずしも多いわけではありません。
でも、家という場所は、施主様が衣食住を楽しむ場であり、 人生を築く大切な場であることを忘れず、丁寧に、なおかつ迅速に、仕事をこなしていきたいといつも考えています。
職藝学院在学中にも感じていましたが、大工という職業は日々が勉強で、覚えることが次々と無限に出てきます。
それは自分の作業スキルの向上や人との付き合い方、職人特有の上下関係の厳しさなど様々で、 このようなところが終わりのない「職人」という仕事の面白さだと感じています。

棟梁大工 一級技能士
前畑 大志

お客様の気持ちに応えたい

hoshina

大工になって、いろいろな納まりの仕事をやってきてそれが自分の糧となって日々自分で成長しているのが実感できている今、大工になりたての頃の「わからないから出来ない」というような消極的な部分がなくなっていき、「どうやったら納められるか」と考え方が積極的になりました。お客様の要望に応えるべく向上心を持って仕事していきたいと思います。

棟梁大工 二級技能士
星名 潤哉

大工の仕事の素晴らしさを実感

大工の学校 職藝学院を卒業して平成29年4月に入社し、新築やリフォームを何件か経験して大工の仕事の素晴らしさを改めて実感しました。
僕はまだまだ覚えることも沢山ありますが、分からないことは先輩方に教えてもらいながら仕事をこなして少しでも早く覚えられるように毎日頑張っていこうと思います。

大工
中川 隆司

変わることのない「手仕事」を極めたい

祖父、父ともに大工だった家庭で育った僕にとって「大工さん」という職業は小さなころからの憧れであり、また僕の将来の夢でもありました。
その夢が叶い、大工として働かせてもらっている今、施主様の想いやこだわりがたくさん込められた新築の施工やご家族の思い出が詰まった家を新しく色付けするリフォームの施工、その仕事を任せていただけるということに感謝し、また大工という仕事の重みを毎日痛感しております。
時代の流れや進化によって、大工さんが扱う材料や工法など変化した部分もあると思いますが「手仕事」という部分は変わることのない部分だと思います。
その手仕事から生まれる温かみをお客様に感じてもらえるように、一日一日時間を大切にし、自分の中の大工道を歩んでいきたいです。

自分が小さいころに見た「かっこいい大工さん」を目指して。

大工
宮崎 泰輔

より良い環境づくりを心がけます

経理の仕事を担当しています。

皆さんとともに目標達成が出来るように、よりよい環境づくりが出来たらいいなと思っています。

そのためにも、いろいろな資源を有効に活用できるように、日々学んでいきたいと思います。

経理
前川 聖巳

縁の下の力持ちとして

私は入社時に「縁の下の力持ち」のような人になって頂きたいといわれました。「縁の下の力持ち」とは…。
調べてみると、見えないところで他人を支える苦労や努力をすること。縁の下とは、家の床下部分を指す言葉であり、そこに支えがなければ家として成立しない。床下は目立つ場所でないし、場合によってはその存在を知らない人もいる。目立たなくても、欠かすことのできないもの。

建築業界は初めてなので、まだまだ勉強中ですが、みなさんのフォローをしっかり行い、「縁の下の力持ち」として頑張っていきます。

家といえば、私はあまり何も考えずに建売の家を購入したため、自分の思いの詰まった家でもなく、使い勝手の悪さにいろいろとリフォームしたり、災害にあった時も相談することもできず、時間もお金も無駄にしました。なので、これから家を考えておられる方、建てられる方が羨ましいです。

前川建築はアフターもしっかりしているので安心です。
じっくり考え、相談し「世界にひとつの家」を作ってくださいね。

総務
山岡 治子

 


株式会社コノカ

3つの心がけ

nanbu

日々仕事や生活していくうえで、人は多くのことを判断していかなくてはなりません。
その判断をするためには、物事を正確に把握する「素直な心」が必要だと考えます。
素直な心とは、何事にもとらわれず物事の真実と何が正しいかを見極め、これに従う心です。
その心の在り方を日々振り返り、ブレない判断をするよう心がけています。
仕事は自分一人でするものではなく、お客様、仲間、協力業者様、と共に行います。
お互いの想いを理解し、共有する事でいい仕事を行い、お互いの満足度が上がる様に心がけています。
建築に関わる者として、時代の変化を察知しつつ、古き良き建物、
良き仕事を次世代に残す使命(役割)を担い伝えて行きたいと心がけています。

この「3つの心がけ」が私の信条です。

株式会社コノカ 取締役
南部 朋和

お客様の「身近な相談相手」を目指して

土地や建物などの不動産は、一生の中で一番高額な買い物になる方が多いと思います。また、この高額な買い物や所有不動産の売却は、一生に一度となるケースも多いでしょう。
ですから、住宅の建築、不動産の購入、売却や資金計画はどのようにすすめていけばよいのか、ほとんどの方が不安や心配をお持ちです。
そんな時、常にお客様の立場になって、ともに考え、ともに行動し、安心して手続きが進められるよう、よきパートナーでありたいと思っております。
身近に相談できる場所がなかなかないとうかがいますので気軽に相談できる場所、住まい、不動産、資金計画とトータルにサポートさせていただける「身近な相談相手」を目指していきたいと思っております。
お客様とのご縁を大切にし、不動産に関する身近な相談相手として末永くお付き合いさせていただけることを願っております。

株式会社コノカ 営業
柿森 剣章

 


niwanoso

豊かさを求めて富山に

私は大学を卒業するまで、東京で育ちました。
毎日満員電車に乗って通学し、高層ビルに囲まれた生活は、便利ではありましたが、私の求める豊かさとは違うと思い、就職を機に富山にやってきました。

富山には海、山、里山、田園など、素晴らしい環境があり、季節や時間の移ろいを感じながら過ごす現在の生活をとても気に入っています。
そんな素晴らしい環境を、家庭に取り入れて、家での暮らしがかけがえのない時間になるように、家づくりや庭づくりを通して暮らしに関わっていきたいと思います。

niwanoso ディレクター
堀 啓介

植物のエネルギーを感じてほしい

幼いころから植物が身近にあり、遊び道具の一つでした。
大人になってからも、周りの色々なことに流されバランスが悪くなった時に救ってくれるのはいつも植物で、言葉を発しない植物からこんなにも力をもらえることの不思議を感じつつ、同時に自分も自然の一部なのだということを再確認させてくれます。

植物との触れ合い方は人それぞれですが、毎日の生活に緑を取り入れて、そのエネルギーを感じてほしい。
一輪でも、一鉢でも生きているものが側にあるということは、心にかけがえのないものを与えてくれます。

niwanoso ストアマネージャー
髙矢 麻香

植物に触れる楽しさを伝えたい

家でも時間を見つけると畑や庭をいじっています。家の中もジャングルにしたい!
特に好きなのはハーブ。ハーブコーディネーターと調理師の資格を持っているので、ハーブの説明はすぐ食べ物の話になってしまいます。

最近はまっているのは日本酒。お酒好きな友達と飲んでいます。
店員さんにおススメとか銘柄を説明してもらえるのが楽しいのですが、私自身もniwanosoで植物に触れる楽しさをお伝えできればと思います。

niwanoso スタッフ
井口 香織

お客さまと植物や花をつなぐお手伝い

ひとつの植物、一輪の花が私たちに元気を与えてくれます。
普段、庭で咲いている花やハーブを摘んで部屋に飾ったり、植物を育てたりする中で、私自身癒され、元気になるエネルギーを分けてもらっているなと感じています。
植物は、動物のように動いて感情を表現してはくれません。だからこそ、目をかけ、手をかけてあげることで植物は伸びて葉を増やす。花を咲かせて香りを出す。その命で応えてくれます。

植物の楽しみ方は様々です。それぞれの良いところ、ステキな楽しみ方がたくさんあります。

ぜひniwanosoで暮らしに寄り添うパートナーのような植物に出会ってください。
お客さまと植物や花をつなぐ、そんなお手伝いをさせていただければと思っています。

niwanoso スタッフ
上田 泰子