暮らしと自然をつなげる庭

前川建築は、お庭も住まいの一部と考えています。
家に帰ると緑のアーチが出迎えてくれる玄関アプローチ、
お庭が見える大きな窓、
家の中にいながらお庭を楽しめるデッキは
自然と暮らしをゆるやかにつなげ、暮らしを豊かにしてくれます。


建物の美しさを引き立てる

緑がある場合と無い場合では
建物に与えるイメージはガラッと異なります。
シンボルツリーを植えたり、低木や灌木、下草類などを
うまく組わせてバランスよく植栽を配置することで、
建物の美しさをさらに引き立てることができます。


景色としてお部屋を飾る

部屋の中からは、窓越しに見えるお庭の植栽と
その先にある風景を同時に室内に取り込むことで
景色としてお部屋を飾ることができます。
季節の移ろいを感じられる豊かさも植栽の魅力です。


外での生活が充実

また、お庭があると、外での生活が充実します。
外でご飯を食べたり、新緑の木陰でのんびり過ごしたり、
プール遊びなど子どもの遊び場になったり、
ガーデニングや家庭菜園で育てた野菜や果実を収穫してお料理も。
自分たちで育てた旬も味覚は格別です。


住まいの快適さがアップ

植栽のあるお庭は、落葉樹を植えることで夏は木陰を作り、
冬は葉が落ちてあたたかな日差しを取り込んだり、
常緑樹を程よく植えることで、
外からの視線をさりげなく遮ることができます。
また芝生を張ることで照り返しを、
つる性の植物で緑のカーテンを作ることで日射を軽減できたり。
住まいの快適さもアップします。


子ども達の心と感性を育てる

目で見て楽しむ。揺れる葉の音を聞く。
花や実の香りを楽しむ。土や植物に触れる。収穫した果実を食す。
など五感が刺激されて暮らしが楽しくなります。
私たちが使う言葉に「庭育」という言葉があります。
お庭で自然に触れて過ごすことで、
こども達の心と感性を育てます。


街に緑のおすそ分け

そして、お庭を作ることで街に緑のおすそ分けもでき、
周囲に配慮した住まいとなります。
小さなお庭の1本の木だけでも風景は変わります。
そんな住まいになじんだお庭が街並みを作っていくと思うのです。


niwanoso

前川建築は、家だけではなくライフスタイルにも自然を取り入れられるように、
部屋の中のグリーンのコーディネートの提案や無理せず楽しめるお庭づくりを、
niwanosoというグリーン事業部を通じてお手伝いしています。


まずは一本の庭木から

手入れが大変そうとか毛虫や鳥がやってきそうなど、
マイナスなイメージもありますが、手入れがあまりいらない植物もありますし、
毛虫なども早めに対策すれば対処できることもあります。

お庭だとハードルが高いと感じるなら、室内に観葉植物などの
グリーンを飾ることで小さな自然に触れることもできます。

無理せず、自分のペースで暮らしに緑を取り込むことが大事だと思います。
まずは一本の庭木からでも。暮らしの中にある緑はたくさんの癒しを与えてくれます。